Colombages -Life Style Shop-

STAFF BLOG

2020.09.29

ニワトリへの道。(saya)

 

 

 

「季節のお仕事」

以前、隣町でみかん摘みのバイトをしたことがあります。

 

 

 

 

 

 

たくさんのみかんの木を目の前にして
圧倒されたことを覚えています。

とにかく1つ残らず摘み取る。

 

秋晴れの中、聞こえるのは風の音と鳥の鳴き声、
「パチンパチン」
ハサミの軽快な音。

これこそ  「無」の境地です(笑)

 

 

 

 

なかなか体力の要る作業で
毎日となると私にはとても務まらないな…と。

 

農家さんの大変さを少しだけですが
体験することができたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い返せば、これまでいろんなバイトをしてきました。
本屋さん、パン屋さん、ケーキ屋さん、カラオケ屋さん
テレフォンオペレーター、交通量調査
電話帳配りとかもやりました!
あとは飲食業の接客が多かったですね。

高校生の頃から土日にバイトを入れていたので
お金が欲しかったら自分で働くことが
当たり前になっていたのだと思います。
裕福な家庭に生まれていたら
また違った自分になっていたかもしれません(笑)

 

 

 

 

就職してまとまったお給料をいただくようになってからは
とにかく欲しいものを買いまくるという
本当に恐ろしい生活をしていました…。

 

反動…ですかね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は若い頃とは全く逆の考え方になりました。

 

 

 

 

週に数回のコロンのお仕事で精一杯。
子供も手がかからなくなったし
本当ならもっとしっかり働くべきなのかなぁ?と
考える時期もありましたが
私のペースはこれがベストだという答えに辿りつきました。

 

フル勤務で働く方はどんな生活をされているのか
教えてもらいたいくらいです。
食事や家事、その他いろんなこと…。
こなされているたくさんの方のことを
いつも尊敬しています。

すごいなぁ。

 

 

 

逆に専業主婦の方にも教えていただきたいこと
たくさん!

 

家をあたたかく守る家事のスペシャリストですよ。
時間の使い方や家事の時短テクなど
日々の暮らしの中に
たくさんの工夫が詰まっていると思います。

 

 

 

 

そう考えると私は中途半端でしかありません(笑)

時間は有り余っているのに
毎日 いかに楽をしようかと考えています。

 

 

 

 

若い頃のように欲しいものが無限にあるわけでもなく。
たくさんお金が欲しいという気持ちもありません。
今は自分の体と心を1番に考えて
身の丈に合った暮らしをする  ただそれだけです。

 

たくさんの洋服を持っていた数年前よりも
「着る服」が増えたことや
断捨離から得た  物との向き合い方。
植物に癒される気持ち。
中途半端な自分の中にも
年月をかけ、少しずつ分かることも増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書館で借りた本。

 

 

 

80代の作者のまだ半分しか生きてない私は
ひよっこそのものです。

1つ1つの言葉が身に沁みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100円ショップに行ったら秋っぽい大好物がたくさん♥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レトロ喫茶の雰囲気にほっこり。

 

 

 

人生初のタバスコに挑んでみました。
「こんな味なんだ!」
ちょっと酸味がきいてるんですね。

 

 

新しい発見。

 

 

 

まだまだ知らないことがたくさん。
ひよっこなりに小さいことでも
エイッとやってみることがいかに大事か
そして面白いことか♩

 

 

昨日の私と今日の私。
ある意味 別人である(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事

アーカイブ