Colombages -Life Style Shop-

STAFF BLOG

2019.11.09

甘えます。(きょうこ)

 

 

 

 

どこかあたたかい場所で生まれて、
みかんみたいにすくすく育って、

 

 

 

文字を追う私の視線が、
この文章でぴたり。

止まりました。

 

 

本を読んでいると、
何かしら書いてある言葉にきゅっと引き寄せられることがあります。

それは意味深い一文であったり、
巧みな表現の魅力であったり。

その時々の自分の心持ちにも、
いろいろ左右されるように感じます。

 

 

 

 

角田光代さんの短編にあった文章。

 

なんでだか、
惹きつけられました。

みかん王国愛媛の県民だからか?

 

 

ぴかぴかつるつると輝く明るいオレンジ色の、
みかん。

あたたかい幸せをぎゅぎゅっと圧縮したような。
そんなルックス。

 

暗い影は、
あの愛らしい姿には似合いません。

 

 

実際は植物ですから。
雨風にさらされますし、
害虫だって病気だって。
無関係ではいられません。

 

でもなんでだろう。

あの、
「絶対的な幸せ」みたいな存在感。

他の果物を思い浮かべても、
なるほど。

みかんのほのぼのとした幸福感は、
他とは一線を画すような。
身びいきでしょうかね。

 

そう思うと、
「みかん」ほどこの文章のたとえにふさわしいものは、
他にないな。

 

そんなことを心中巡らせて。

また、
ページに視線を戻しました。

 

 

 

 

 

 

 

そして。

 

 

「俺か、俺以外か。」

すごい・・・。

 

カリスマホストとして名をはせた、
ローランドの本。

 

 

この本、
息子が貸してくれたんです。

 

うちの息子。
ホストなんていうきらびやかでイケイケ的な。
そんなキャラクターとは対極な場所にいる人なんですけど。

なぜかローランドのことは大好きらしく、
(この人ほんとに頭いいわあと。)
「本買ったからお母さんにも貸したげる。
これ、自己啓発本みたいなもんだから。」と、
前に会った時に手渡してくれました。

息子も私も、
自己啓発本とか読むことないんですけどね。

 

 

 

しかし。

さすがカリスマ。

 

気が向いた時にちょこちょこと、
数ページずつ読んでるんですけど。

「おおっ?!」となった文章に、
いき当たってしまった。

 

 

全編にわたって、
根底には「自分大好き」を公言する彼の生き方考え方が、
綴られているのですが。

 

 

 

一人旅が好きなのも、
一人ドライブが好きなのも、
大好きな自分とずっと一緒にいられるから。

 

 

 

ちょっと私、
やられてしまいました。

目から鱗ぽろんぽろん落ちました。

 

 

 

腹を割って話せる人とか、
もう引かれるんじゃないかと思うくらい、
ほんと友達少ない私です。

おまけに大の引きこもり性分ときまして。

これはもう必然的に、
ひとりで過ごす時間がたっぷりあるわけです。

そんな時間が心地良かったりするので、
私といたしましては十分満足しているのですが。

 

ただそのことを「自分が好きだから」と思ったことは、
ない。

 

自分の欠点はそれなりにわかっているつもりです。

足りないところも、
めんどくさいところも、
情けないところも。

いろいろあって、
でももうこの年齢ですからね。
おばちゃんの図々しさで、
すっかり開き直ったりしてるんですけど。

だからといって、
「そんな自分が好き」という境地には至っておりませんでした。

 

 

でもそうか。
そうなのか?

自分と一緒にいられるから、
一人でいるのが楽しいの?

ほんとは私も、
自分のことが好きなのか?

 

 

そういえば、来週も映画を観に行く約束をしたよ。
大好きな自分とね!

 

 

まじかローランド!!
なんかちょっと、
心揺さぶられるんですけど。

 

一瞬、
金髪縦ロールにしようかと思いました。
ローランド族のできあがり?

 

 

 

 

 

 

 

 

うめっちょ束の間の看板犬修行。

 

 

「もうかまんかろ?そろそろおさんぽいこや。」

 

 

 

 

 

この日は秋晴れの一日。

 

 

久しぶりに大洲城散歩と繰り出しましょう。

 

 

あの。
ちょっとデジャブ感あったのではないかと。

 

昨日アップしてたスタッフsayaのブログと、
場所がかぶっております。
似たような写真、
あります。
先にごめんなさいしときます。

 

2人でこつこつとブログをアップし続けておりますが、
たま~にあるのです。
似たような写真。
似たようなネタを、
偶然にもお互いがおんなじ時期に準備していることが。
どちらかが遠慮してちょっと変えたりして、
繰り返しにならないようにしてましたが。
今回はもう、
読んでくださっている皆さまに甘えて許してもらうー。

しかしこういうの、
なんていうんでしょう?

リンク?
呼び寄せ?

 

 

 

 

戻りまして。

 

 

いつもの遊歩道では。

 

 

道のわきにホトトギスの花が群生していました。

 

 

ふたりっきりでてくてく。

 

 

いつ出かけても、
誰かとすれ違うこともない静かなこの道。

ですが。

この後、
ご近所にお住まいの方でしょうか?
竹ぼうきで小道の枯葉を掃き出されていた、
年配の男性に出会いました。

 

あまり気にしていなかったけれど、
たくさんの木々が生い茂るこの場所に、
枯葉ひとつ落ちていない道なんてあり得ない。

こんなふうに気遣って、
美しく保ってくださる方々の働きのおかげで、
清々しい場所ができあがっていること。

ありがたく、
感謝の想いでいっぱいになりました。

 

 

 

 

それにしても、
大洲って。

 

盆地ですから当たり前なんですけど。
改めて見渡すと。

 

お山にぐるり囲まれておりまする。

新しい橋の完成が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

近所の土手の上にて。

まあまあ大きなキノコ発見。

 

 

 

 

 

 

 

夕暮れのコロンの秋バラ。

 

 

 

 

 

 

コロンのソファコーナーのラグを、
秋冬仕様に取り替えました。
みっしりと詰まった毛足長めのラグは、
ふかふか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事

アーカイブ