Colombages -Life Style Shop-

STAFF BLOG

2018.11.02

ありがとうございます。(きょうこ)

 

 

 

10年。

 

 

ちょうど10年前の11月に、コロンはオープンしました。

 

 

あっという間の10年・・・ という感じではなし。

ようやく10年・・・ というのでもない。

 

あら10年経ちましたか。

そんなふうな、気持ちです。

 

 

 

 

 

雑貨店を併設した住宅のショールームを作りたい。

というのは、夫が考えていたことでした。
私は全くそんなこと知らなくて、
建物の図面をひいている最中にようやく告げられたような記憶。
「それは楽しみ。」
インテリアと雑貨大好きな私は単純にそう思って。
でも。
まさかその運営に自分が関わるなんて、
夫も私自身も考えてもいないことでした。

ところがまあ、
いろいろありまして。
いろいろ思うところもありまして。

「雑貨店の方、私も手伝わせてください。」
と手を挙げたのは、
あの時の私にとってなかなかの決断ではありました。

 

 

 

お商売の右も左も前も後ろも何もかもわからない、
「ど」がたくさんくっつく素人でしたから。
(今もそう変わったものではないですけどね。)
オープン当時からを振り返れば、
「なんとまあ・・・」と我ながら思ってしまうこともありますし。
それでも、
「そういうのを経て、今に繋がるのだなあ。」
ということを考えたりもします。

 

 

 

 

 

ただひとつだけ揺るがない事実は、
この10年を様々な形で見守り、
支え、助けてくださった方々がいらっしゃるということです。

 

 

それはまず、
なんといってもコロンをいつも気にかけてくださっているお客様の存在。
お客様からどれだけ力をいただいていることか。
小さな言葉のやり取りから。
その笑顔から。
うんと励ましてもらっております。
幸せなことだと、常々実感しています。
本当にありがとうございます。

 

そして、
いつも素敵なものを納めてくださる作家さん方。
取り引きをしているメーカーさんたち。
魅力あるものを並べて、
ようやくお店として成り立つのですから。
「これが好き!」と思える商品があるからこそ、
コロンはお客様をお迎えすることができるのでした。

 

この10年で、スタッフの顔ぶれも変わりました。
今やコロンのかけがえのない「看板スタッフ」としてお馴染の、
スタッフsayaはもちろんのこと。
住宅スタッフに、本社にいる社員さん。
共に仕事をする職人さん方。
それぞれの立場で、
コロンの屋台骨をしっかりと支えてくれています。

 

マイペースながらも、
おかげさまで10年という年月を歩むことができました。

ただただ、皆さまに感謝するばかりです。

 

 

 

 

 

今までもこれからも。
コロンのドアを開けている限り大切にしたいのは、
「ときめく」気持ちです。

住まいであっても、雑貨であっても。

日々の何気ない暮らしで、小さな幸福を感じる一瞬。

コロンに力を与えてくださる皆さまに、
そんなささやかな幸せをお返しできる、
お店でありたいです。

 

 

 

 

 

 

 

大洲のあるある。
快晴になる日の朝は、そこら中靄がたちこめる。

今朝がそうでした。

10時前、やっとクリアになって開けた空を見上げると。

 

 

飛行機雲がすすーーーん。
雲の先端に飛行機もはっきり見えましたよ。

 

 

 

 

 

 

商品のご紹介ができていなくて、
内心焦っているのですが。

 

 

いろいろいろいろ入荷しています。

好き嫌いが別れそうですが、
個人的にこのオオカミくん、
ものすごーく気に入っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事

アーカイブ