Colombages -Life Style Shop-

STAFF BLOG

2018.06.08

ほんとBIG。(きょうこ)

 

 

3才になりました。

 

 

 

 

たくさん食べて。
たくさん遊んで。
たくさん眠って。

おかげさまで、元気です。

 

 

 

散歩の途中で出会ったおばあちゃんとお孫ちゃんペア。

 

挨拶のあと、
「あっ!〇〇〇みたいな犬!」
と、5才くらいの男の子。
「ほんとねえ。〇〇〇とおんなじ犬だねえ。」
とおばあちゃん。

どうやら〇〇〇とは、
お身内が飼われているうちのコと同じ犬種のわんこの名前のようです。

 

「でもこっちの方が頭も大きいし、からだも大きいよ。」
「そうね。〇〇〇の方がちょっと小さいかなあ。」

 

そうでしょうとも。
うちのコほどBIGに育つコなんて、
そうそういないでしょうよ・・・。
おかあさんの私もびっくりの育ちっぷりだよ。

 

そして出たー。
「〇〇〇の方がちっちゃくってぜったいかわいいよ!」

ちびっこの裏表なし本音の直球発言。

 

その時はすでに2人から少し離れた場所で、
うちのコの熱心なくんくん活動に付き合って立ち止まっていました。
一緒にお話ししていたわけではないのです。
でも、声が聞こえる距離。

 

「あっ!でもほら。
あのわんわん、すごく可愛い顔してるよー。
見てごらん!」
おばあちゃん、慌ててフォローしてくれて。
あらら。
お気遣いすみません。
内心思いつつ、
私聞こえないふりしてました。

男の子はもう道端の他の何かに興味が移っていたようで、
それっきりのやりとり。

 

 

 

 

 

ふふふ。

おばあちゃん、内心ひっくり返っちゃったねぇ。
あの慌てっぷり。
失礼ながら、なんだか微笑ましくて。

 

 

ところで。
「〇〇〇の方がかわいい。」
と、一刀両断されたうちのコですが。

うちの家族にとってはでっかくって、可愛い。

みんなみんな、「うちのコが一番♥」と思ってるんですよね。

そりゃそうだ。
それでこそ!です。

ホントは大きかろうが小さかろうが、
そんなの全く関係ないんです。

縁あってうちのコになってくれたこのコが大切で、大好き。

そういうこと。

 

 

ちっちゃなコはなんだか踏んずけちゃいそうで心配で。
(大雑把なもんで。)
「うちにはでっかいコがぴったり。よかったよかった♫」
なんて家族中で言い合っておりますが。
残念なことがいっこ。
うちのコ重くて、立ったままの抱っこが長い時間はできません。
腰を痛めます。間違いなく。

軽そうなわんこを、
片手でひょいと抱き上げている飼い主さんを見かけるたび、
実はちびっと羨ましかったりするのでした。

 

 

ねむたい・・・

 

おやすみ💤

 

 

 

 

 

冬に植えたまだ小さなスモークツリー。
まあるい葉っぱにまあるい雨粒。

 

 

 

 

 

 

いただきものの玉ねぎの大きいこと!
なんと直径14㎝!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先っぽに新芽がひょこっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事

アーカイブ