Colombages -Life Style Shop-

STAFF BLOG

2018.01.26

こてんぱん。(きょうこ)

 

 

 

・・・ 寒すぎる。

 

 

「とにかく凄まじい寒さがやってくる。」
と、繰り返し予報されていましたし、
「そうか。わかった。また寒くなるのね。」
と、構えてはおりました。

 

そして予告通りご登場の大寒波ときたら。

もう、心折れそうな勢いでございます。

 

 

 

 

また雪が降りました。

バケツの水は溶けることなく、
ずうっとかちんこちんに凍ったままです。

 

 

 

 

庭の金木犀の枝先に、つらら。

これも溶けない。

屋根に積もった雪が溶けて、
この枝先にぴちょんと落ちているようで。

 

 

ひと冬に何度か雪は降りますし、
どかんっと積もることもあります。

底冷えの厳しさでは定評のある?土地でもある、
ここ大洲。

しかし。
そうはいっても、四国。
氷点下の気温なんて、決して日常ではないのです。

ごりんごりんの寒さにすっかりお手上げの、
お年頃の私。

身体のあちこちにカイロを貼って、
おまじないは「三寒四温」。

そんな毎日です。

 

 

 

 

 

わんこ散歩で出会う次の季節の兆しに、
ふんわり慰められます。

冷たい風に揺れてても、
いつもぴかっとしたお顔。

私もそんなふうにいたいのだけど・・・。
実際は、よぼよぼんぬ。

 

 

 

 

 

 

外の景色が雪のせいでいつもより明るいせいか、
この時いつになく目立って見えた、
うちのお勝手口あたり。

かごの中には、
お布団干し用のクリップに、
園芸ばさみや虫よけや小ぼうきやら。

 

 

 

 

 

 

橋?

 

 

 

 

 

「おやつもらってませーーーん。」

・・・さっき食べましたよね。

 

 

 

 

 

 

 

夫が頂戴した、福岡のお土産。

「これ選んでくれた人、きっとセンスがいい人よね。」
と、娘。
「だって、こんなにパッケージがかわいいんだもん。」

なるほどね。

お味ももちろんばっちり。

思えば美味しいものとパッケージの素敵さって、
古くから、
素朴なものからスタイリッシュなものまで、
それぞれ正比例しているような気がします。

本物はすみずみまで手を抜かない。
ということかしら?

 

 

 

 

 

 

 

実はひそかなこだわり。

ゆらゆらガラス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事

アーカイブ