Colombages -Life Style Shop-

STAFF BLOG

2021.09.12

どうでもいい話でごめんなさい。(きょうこ)

 

 

 

 

 

季節のうつろいをいよいよ感じるこの頃です。

 

 

 

風の感じとか、
草木の様子とか。

 

 

今年はその変化に気づくのが、
いつもより早かったかも。

 

そんな気がします。

 

 

 

 

 

 

 

昨日。

 

私の中の「夏」が確実に終わった、
決定的な出来事がありました。

 

 

 

 

私の偏愛するカップアイスについては、
このブログでも写真と共に何度かネタにいたしました。

 

 

森永乳業の「れん乳氷」というアイスに、
昨年からすぽんっとハマった私です。

 

今年はいつもいくスーパーがずっと取り扱ってくれたおかげで、
うちの冷凍庫にはストックが欠けることなく。

この夏に食べたアイスの9割はこちらでございましたよ。

 

 

 

 

昨日買いものに出かけた際、
「涼しくなったけどやっぱりもう少し食べたいよね。」と。

例のアイスを買う気満々で、
売り場に向かいました。

 

 

 

嬉し気に冷凍庫をのぞきましたらば。

 

???

 

うっそないんですけどっ?!

 

 

 

 

その場で膝から崩れ落ちそうになったところを、
なんとか踏ん張りました。

頑張った私。

泣きそう。

 

 

 

 

 

 

そのかわりといいますか。

目新しいのが入ってたんです。

 

 

同じく森永乳業の「れん乳アイス」とやらが。

 

 

ほぼ涙目だったんですけど、
やむなし。

 

「れん乳氷」の双子のかたわれみたいなものと期待して、
かごに入れました。

 

 

 

 

 

早速いかがなものかと食べてみたんですけど。

 

 

美味しいんです。

美味しいのには違いないんです。

 

でも。

「れん乳氷」とは似て非なる・・・ というか。

全く違うものでしたしょぼん。

そりゃそうだ。

多分こっちはもう買わないと思う。

 

 

 

 

 

理解はできるんです。

 

 

秋の入り口。

かき氷の季節じゃもうなくなったし。

これからはしっとりしたクリーム系が好まれるよね。

 

 

仕入れの内容が季節に応じて変化していくのは、
当たり前のことですし。

その流れで私のあのコは(好き過ぎて「あのコ」呼ばわり)、
「もうおしまい」になったのでしょう。

 

 

つらい・・・。

 

 

 

 

というわけで。

 

夏になったらきっとまた会えると自分に言い聞かせ、
愛情を注いだ「あのコ」との突然の別れに、
夏が終わったんだから仕方ないという方向でなんとか折り合いをつけました。

 

 

私の夏は、
完全に幕を閉じました。

 

 

 

 

 

長々と綴りましたが、
これほんとしょうもない話ですね。

 

お付き合いくださりありがとうございました。

なんかすみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月9日の「重陽の節句」にちなんで、
菊の花を飾りたかったんですけど。

あいにく良い感じのを見つけられなくて、
ダンギクを花瓶にいけました。

 

名前に「キク」とついていますが、
菊の仲間ではなさそうですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コロンの一部のコーナーをディスプレイ替えしました。

 

 

 

 

 

キャンドル関連のものを集めたり。

 

 

 

 

 

 

 

チーク材のかっこいい小家具を並べたり。

 

これらの小家具は昭和初期に使われていたものからインスパイアされて、
デザインされたそうです。

隅々まで素敵。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時々訪れる散歩コースでは。

 

 

 

ケイトウの花が鮮やかでした。

 

 

 

銀杏も実っていましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしてもその魅力に抗えず・・・

 

 

もふもふ2匹、
うちにやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

いないと思ったら、
だいたいここで周りの家具や床と同化しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事

アーカイブ