Colombages -Life Style Shop-

STAFF BLOG

2021.07.04

松坂桃李くんもOKです。(きょうこ)

 

 

 

 

ここにいる(ある)はずのないものが、
いる(ある)・・・!!

 

 

 

 

そんな場面に遭遇した時の衝撃たるや。

なかなかのものです。

 

 

 

 

たとえばですね。

 

 

冷蔵庫の扉をぱかりとあけると、
眼鏡がちーんと冷やされてた。
とか。

 

玄関チャイムがなって、
宅配かしら?なんて思いながら出てみると、
坂口健太郎くんが笑顔で立ってる。
とかね。

 

 

なっ・・・なんでっ?!

 

 

 

前者は私のいつものやらかしのひとつ。

眼鏡をしまおうとした途中で、
なんか冷たいもの飲みたいとか思ったんでしょうね。

冷蔵庫をのぞいてそのまま勝手に手が動いちゃって、
眼鏡を中の棚に置いて。

そして本来しようとしてたことは、
忘却の彼方。

そんなところだろうと推察(覚えていないので)します。

 

 

 

後者はですね。

ただの妄想です。

テレビ番組の「田舎に泊まろう」的な企画で、
坂口くんが大洲に来るわけですよ。
その流れで「このお宅にあたってみようか。」なんてね。

おばちゃんそんなのもう心臓とまりかねない。

夫に連絡とかしません。
独断でソッコー宣言しますよ。

「泊まってってー♬」

一刻も早く今の状況が収束して、
坂口くんがお泊りに来てくれますように。

 

 

 

 

とまらぬ妄想にブレーキをかけまして、
現実に。

 

先日の「あなたなぜここにっ?!」をきいてください。

 

 

 

 

リビングで掃除機をかけておりました。

フロアノズルについた灯り(埃が浮かび上がって見えるやつ)に、
何かしらよくわからないものが、
一瞬照らされました。

スルーできなくて、
ん?と思って引き返して。
よくよく見ると。

 

うっそなんでここにおるん?!

 

緑色の立派な芋虫(たぶんアゲハチョウになるの)約6センチが、
ゴミ箱にしている緑色のラタンのかごにひしっとしがみついてる。

ぽかん。

どーいうことじゃい???

 

 

虫は苦手なんですけど、
庭仕事をしているといろんな虫に対峙すること必至なので、
ずいぶんと慣れてはきました。

おかげで大声をあげることはなかったのですが、
飛び上がりはしました。

 

 

触ることはできないので、
芋虫自ら庭のどこかに行ってくれることを期待して、
かごごと外に出しました。

 

 

芋虫がのそのそ侵入できるほどの時間、
ドアを開けていることはないので。

庭のか市場で買ってきたのか?
どちらかの草花にくっついて、
一緒にやってきたのではないかなと思います。

 

ということは、
数日はうちのどこかにいたってことね。

 

芋虫がうちの中を這う景色・・・
シュール。

 

 

クモとか、
カメムシとか。

歓迎はしませんが、
家の中でもわりと見つけることのある虫はいますけど。

 

ぷくぷくの芋虫は、
まあまあインパクト大きくて。

頭の中がクエスチョンマークでいっぱいになりました。

 

芋虫本人?も自分がおかれた状況に、
さぞやとまどった数日であったことと思われますが。

1時間後にかごを見た時には、
姿は見えなくなっていました。

 

うちの庭に、
気に入ってもらえる場所があったかな。

 

 

 

芋虫に見えなくもない。

 

 

 

 

 

 

 

お花のクロスに包まれたお弁当を、
届けてくださいました。

 

 

いそいそ結び目をほどいて。

蓋をあけると、
まずはカトラリー。

 

 

2段重ねの上の容器には。

どんぐりにハートにちっちゃなクマも。

 

 

下の段には。

あらリラックマ。

 

良い香りがぷんぷん漂って。
お腹が急に空いてきたけど。

これ最初にどれから食べるべきか、
そもそも食べていいのか、
ものすごく迷いに迷うパターンです。

 

 

 

 

 

 

 

曇り空ではありましたけど、
むしむしとした1日でした。

コロンのポストカードに、
涼を感じました。

和みます。

 

 

 

 

 

 

幸せのかたまり。

ケーキ屋さんに出かけて好きなケーキを選ぶとして。

そこにパイ生地のものが並んでいたら。
ほぼ迷いなくそれに決めるくらい、
パイケーキが大好きなんです私。

でもでも。
上手にきれいに食べられたためしがない。

絶対にぼろぼろぼろぼろ崩れてしまう。

大人げないですう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ