Colombages -Life Style Shop-

STAFF BLOG

2021.02.14

しばらくはエンドレス落ち葉です。(きょうこ)

 

 

 

 

快晴ではないけれど春めいた空模様の、
本日です。

 

 

 

コロンの窓から外を眺めてみるに・・・。

うーん景色がクリアじゃない。

 

残念。

 

 

窓が汚れているせいなのでした。

 

 

あの。
掃除をさぼっているからではないんですよ。

 

 

先日、
コロンのつるバラの消毒をしてもらいました。

 

 

もはや私が世話をするには手に負えないほど、
大きく育ってくれたつるバラです。

 

現在消毒と剪定は、
プロにお任せしています。

 

 

 

今回の消毒は強力なものにするとのことでした。

 

コーティング力を増すために、
油分も入っているとか。

 

 

そのためバラを這わせている外壁の窓が汚れてしまうと、
事前に教えてもらいました。

 

窓を洗浄するのに水を使うと薬剤も流れてしまうので、
しばらくそのままにしておかなければいけないと。

 

 

 

やむなし。

 

 

 

 

実際に窓は汚れてしまいましたが、
再び美しく華やかなバラの姿が見られるのなら、
そのくらい我慢いたします。

 

 

 

 

お客様がこの汚れた窓にがっかりされるかも。

 

そんなことも頭をかすめましたが、
ごめんなさい。

 

 

お見苦しいことと思いますが、
ご容赦くださいね。

 

 

 

 

これは去年の様子です。

 

 

 

 

今年もたくさん咲いてくれますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

コロンの庭便りといたしましては。

 

赤い新芽をたくさんつけたバラとか。
これまた大きくなりそう。

 

 

 

 

ビバーナムもびっくりするくらい蕾が。
花が終わった後、
黒い実ができるのが楽しみです。

 

 

 

 

 

ラブリーな印象が強かったプリムラも、
最近はシックな花色が増えましたね。

 

 

 

 

大好きな春の花。
とりわけフリル咲きのビオラにときめきます。

 

 

 

 

 

頭の上では。

 

 

トネリコの木が枝葉をわさわさ広げています。

去年つんつるてんに剪定してもらったんですけど。

まるでそんなことなかったみたいに、
もりもり。

風が吹くたびにぱらぱらと葉っぱが落ちるんです。

 

 

 

 

常緑の木ですが、
古い葉を落として新しいのと交代が始まった模様。

 

落ち葉掃除が大変で毎度げっそりしてたこと、
思い出しました。

とほ・・・。

 

 

 

 

そんなトネリコの足元では。

こぼれ種で年々増えたクリスマスローズの花が、
茎を伸ばしています。

 

 

 

紫の一重の花です。

 

 

 

 

 

雑草なんですけど、
気に入ってるんです。

 

カラスノエンドウがいつの間にか育っていました。

くるくる巻いたひげとか、
ピンクの花も清楚でかわいいですし。

 

花壇の花と一緒に毎年コロンに飾ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こたつ大好きうめさん。

 

すっぽりもぐっておりましたが、
暑くなったご様子。
顔だけぴょこんと出してきました。

 

 

とろ~ん。

 

 

 

おやすみー。

 

 

 

 

 

 

 

 

ばたばたしてる間に、
台所のうめさん用フェンスがずれてたみたい。

 

好機は逃さないうめさん。

いつのまにやら台所に侵入成功。

 

んじーーーーっ!

 

注視している先には、
ちょっと手抜きさせてもらった夫の昼食準備中。

えっと。
冷凍の吉野家の牛丼大盛パックでございます。

 

 

「おかあさんこれうめのかい?」

 

それにしてもさすがうめさん。
ロングボディ。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の商品紹介のページでご案内しました、
アクセサリーケース。

 

私も大きいサイズのを使うことにしました。

 

 

キャビネットの上に置いた複数のトレイに、
アクセをアイテム別でまとめたりしてたんですけど。

もっとすっきりしたくなっていたので。

 

 

 

リングだけはガラストレイに置いていますが、
ブレスもピアスもケースに収まりました。

ケースの中はまあまあごちゃっとしてるんですけどね。

いいんです。

 

ぱっと見すっきりしてくれれば。

 

季節外のものは、
別にしまっています。

 

 

 

 

 

 

実はちょっと迷走しまして。

 

 

気分を変えてみようかと。

 

 

ずいぶん前に頂戴したレース編みのクロスを敷いてみました。

レース編みの先生をしておられた方が作られたものなので、
(故人の方です。
直接お会いしたことはないのですが、
ご縁あって作品をいくつか分けていただくこととなりました。)
それはそれはきれいで丁寧で。

でも甘すぎなくて。

 

大事にしまっていたものです。

 

 

でもやっぱりここで使うのには、
私には可愛すぎました。

 

 

 

 

このくらいならどうかな?と。

 

同じ方が作られた花瓶敷を出してみましたが。

ああやっぱりらしくないよね。

 

 

結局、
一番上の写真の感じで落ち着きました。

 

 

 

 

レースのクロスたちは、
持っているだけで嬉しいもの。

この先また出番となる時まで、
大事にとっておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで今日は、
バレンタインデーですね。

 

 

夫のリクエストで鰤のお刺身を購入いたしましたら、
パックにシールが貼ってありました。

 

「チョコブリ」

 

 

爆笑。

 

 

「バレンタインブリ」とかなら、
まだなんとなく理解できるんですけど。

 

「チョコ」を頭にもってきたその強引さにやられました。

 

別にチョコがお刺身にかかってるとか、
そんなのではなく。
(絶対に食べたくない。)

 

普通にお刺身でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事

アーカイブ