Colombages -Life Style Shop-

STAFF BLOG

2020.11.13

秒で崩壊します。(きょうこ)

 

 

 

「小春日和」を絵に描いたような1日。

 

 

その日の朝散歩は、
いつものご近所コースでした。

 

 

メインコースのオプション的な場所がありまして。

短い土手なんですけど、
うめちゃんの気分次第で歩いてみたりスルーしたり。

 

 

向こうに見えている小さな橋の袂まで行って折り返して、
またメインコースに戻ります。

 

うめちゃんが気になるポイントがたくさんあるので。

わんこがくんくん活動を熱心にしている間、
私は川面をのぞき込んだり、
今なら野花や蕾が開き始めた山茶花の花を眺めながら、
のんびり歩きます。

 

 

 

 

 

うめちゃんはその土手に行く気満々だったのですが、
入り口に学校の先生らしき方がおひとり立って、
橋方向を見ておられる。
(小学校のすぐ近くなんです。)

 

あら?と思って、
お聞きしました。

 

「マラソンされてるんですか?」

「そうなんですよ。
あと3人ほどまだ戻ってないんで。」

 

うちの子たちの母校なので、
この土手が授業のマラソンコースになっているのは、
知っておりました。

 

 

 

そういうことなら、
生徒さんの邪魔になってはいけません。

うめちゃん今日はオプションなしで参りましょう。

 

そのままメインコースの小学校の校門方面に進みました。

 

 

後ろで先生の声が聞こえます。

「もうちょっとだ!頑張れ!」

同時に足音も聞こえてきました。

 

端に寄ってうめちゃんのリードを短く持って足を止めた時、
道路の反対側を高学年と思われる男の子が追い抜いていきました。

 

「おはようございます。」と、
走りながらこちらを見て挨拶してくれたんです。

 

おばちゃんもういけません。

 

長距離を走ってきて苦しいだろうに。

へとへとだろうに。

そんなしんどい最中なのに、
挨拶ちゃんとしなきゃと思ってくれたんだ。

 

 

 

なんだかいじらしくて可愛くて、
一瞬で胸がいっぱいになって。

 

「おはよう!もう少しだよ頑張って!」

 

それだけ言うので精一杯。

もちろん涙腺ゆるゆる状態。

 

 

校門にその男の子が入ったと同時に、
「ラスト頑張れーっ!」と先生の大声が。

 

歩きながらグラウンドを見ると、
生徒さんたちと先生が迎えておられました。

 

 

 

小さな出来事といってしまえば、
ほんとに小さなことなんですけど。

でも、
思い出すたびにじんわりするんです。

 

嬉しかったな。
可愛かったな。

 

 

おばちゃんにほんわかしたいいものをくれて、
ありがとね。

あの男の子からすると、
きっともう忘れてて覚えてないくらいのことでしょうけどね。

 

 

 

 

ご近所散歩コース途中に実っている柚子が、
日に日に大きく黄色くなってます。

 

太陽たっぷり浴びてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまた秋晴れの空の下。

 

 

 

この日はお城山散歩です。

遊歩道には落ち葉がぱらぱらと。

 

 

秋色の葉っぱ。
子供の絵のチューリップみたいよ。

 

 

 

私の影も伸びる頃合い。

 

 

 

先ではうめちゃんが待ってくれてました。

 

 

 

向こうの1両列車がのどかでいいね。

 

 

 

 

 

 

 

少し前に新米を頂戴しました♥

 

私、
白米大好きで。

嬉しくて嬉しくて、
早速お米を炊きました。

 

 

真っ白でぴっかぴかだったんです。

写真が下手で、
あの幸せな質感をお伝えできていないこの悔しさ。

くうっ。

 

 

 

数年前に、
炊飯器からお鍋での炊飯に変えました。

 

と言うと、
「えっ?そんな大変なこと。」
なんて反応されることもたまにあるのですが。

実はとっても簡単なんです。

だから私も続けられてるという。

 

でも炊飯器をやめた1番の理由は、
とにかくめっぽう美味しく炊きあがるから。

 

 

今や炊飯器もものすごく進化していて、
びっくるするような美味しいご飯が炊けるものもあるそうですが、
私そのレベルの炊飯器は持っていなかったので。

単純に炊飯器とお鍋を比較してどうこうとは言えないんですけど。

 

初めてお鍋を使った時あっさりと、
「炊飯器やめた。」
と思うに至りました。

 

だって、
冷たくなったご飯まで美味しいんですもん。

 

 

頂いた新米は、
ほっぺたぼとんと落ちる美味しさでありました。

はあ幸せ。

 

 

 

 

 

 

 

産直市で買った黄色い花は。

 

 

日が暮れると、
この丸い葉っぱがぴたっと閉じるんです。
左右の手のひらを合わせるみたいに。

 

 

 

 

菊も可愛くて。
一束100円ちょっとくらいです。
素敵よ産直市。

 

 

 

 

うちの庭の菊も咲きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の記事

アーカイブ